身長を伸ばす方法にはどんなものがあるのか

身長を伸ばす 方法 画像

身長がなかなか伸びない、子供の身長をもっと
伸ばしてあげたい…
そんなお悩みを抱えている方も多いと思います。

 

こちらでは、身長を伸ばすためにやるべきこと、そして
是非知っておきたい身長の基礎知識をご紹介します。

 

 

 

身長を伸ばすための方法

 

良質な睡眠

身長を伸ばす 方法 画像

 

昔から、寝ている間に身長が伸びた!という話を聞いたことは
ありませんか?

 

これは本当なんでしょうか?

 

実は身長の伸びに大きく関わっている成長ホルモンが分泌されるのが、
睡眠中だということがわかっています。

 

また、睡眠の時間帯もとても重要で、22時から深夜2時までの間に
成長ホルモンが活発に分泌されることがわかっていますので、
22時に熟睡状態に入るためにも、30分ほど前には眠りに入っている
必要があります。

 

逆に、この時間帯に就寝していないと、成長ホルモン自体の分泌が
阻害されてしまう可能性がありますので、成長期のお子様の
夜更かしには注意が必要です。

 

睡眠時間の目安としては、小学生ぐらいまでは10時間程度
15歳ぐらいまでは8時間程度とされています。

 

 

毎日の食事と栄養の摂取

身長を伸ばす 方法 画像

 

体を丈夫にするため、身長を伸ばすためには毎日栄養バランスの
とれた食事をとることが重要です。

 

多くの栄養素をまんべんなく摂取することを基本として、積極的に
摂取したいのが成長をサポートしてくれる成分です。

 

成長ホルモンの分泌を促進するためにはアミノ酸やアルギニン
骨を丈夫にするためにはカルシウムを積極的に摂取しましょう。

 

しかし、これらの成分はお子様の好き嫌いなどを考慮してしまうと、
不足しがちな成分でもあります。

 

もし食事などからの摂取が十分に出来ない場合は、サプリメントなどを
活用していきましょう。

 

現在販売されている成長サポートサプリメントの多くは、成長期の
お子様に必要でありながら、不足しがちな成分をバランスよく
配合しているものがほとんどです。

 

 

適度に運動をおこなう

身長を伸ばす 方法 画像

 

成長ホルモンを活発にさせるためには、日光を浴びながら適度な
運動をすることも大切です。

 

適度な運動は成長ホルモンの分泌を促進させますが、あまりにも
過剰な運動で筋肉をつけすぎてしまうと、小さなお子様の場合、
身長の伸びを阻害する可能性がありますので注意しましょう。

 

 

成長期は何歳まで?

身長を伸ばす 方法 画像

 

身長は一体何歳ぐらいまで伸びるものなのでしょうか。

 

身長は乳幼児の時期から遅くとも20代前半までは伸びるそうです。

 

この時期がいわゆる成長期に当たります。

 

成長期にも個人差がありますが、一番身長が伸びやすいのが
10歳から14歳前後という統計がでています。

 

また、身長の伸び方にも成長期の遅い段階で身長が伸びる
晩成型と早い時期に身長が伸びてしまう早熟型にわけられます。

 

成長期の栄養補給にとって重要なのが、お子様の成長期にあわせ、
ベストなタイミングで栄養を補給し、成長を促進させてあげることです。